赤外線技術向上協会、わずかな温度差も見逃さない 赤外線調査で漏水箇所が一目瞭然

サーモカメラの診断技術を提供

建物の雨漏り、漏水を診断する赤外線技術向上協会(東京都足立区)が成長している。設立2年で会員による診断事例は800事例まで拡大した。現在15社が加盟する同団体には、全国の住宅、公共施設など、さまざまな建物について診断の依頼が集まっている。

赤外線技術向上協会 サーモカメラでのぞくと水の経路がすぐわかる

サイディングでは漏れがわからない→サーモカメラでのぞくと水の経路がすぐわかる。赤と青の温度差は2度未満しかない

依頼者に結果を可視化

ある築古の公共施設。過去に複数の事業者が雨漏り検査を実施して、その度に工事をしてきたが雨漏りは一向に治らなかった。そこで赤外線サーモカメラを通して建物をのぞいたところ、侵入箇所を示す青い筋がさらに複数見つかった。

「こういった、雨漏りの原因が複数にわたる事例は意外と多いんです。赤外線による診断は、そういった建物の漏水や雨漏りの原因を究明する方法として非常に有効なんです」と話すのは小渕直一理事長だ。

同団体によると赤外線を診断に使うメリットは3つある。

1つは非破壊で、再現実験をしないで検査できることだ。サーモカメラを使えば壁の中にある水の通り道を見つけることができる。雨が降った後1週間程度であれば水が壁の中に残るので、撮影すれば温度差でわかるのだ。ただし、時間の経過で水と壁の温度の差がなくなってしまうので、そこで画像解析が必要となる。

「画像データの中で、温度差の範囲を細かく変えていくと、微妙な温度差でも見つけられるんです。2度未満でも鮮明にわかります」(小渕理事長)

また、結露を原因としたそもそも雨を原因としない漏水も見つけられることも特徴だ。

2つ目が雨漏りの複数の経路を探すことができることだ。漏水の原因は必ずしも1カ所とは限らない。そして、建物が大きくなればなるほど、1部分に水を掛ける再現実験では対応できなくなる。サーモカメラは遠くから俯瞰的に見ることができるので、原因が複数箇所であることが分かるのだ。

3つ目が依頼者にも「見える化」できることだ。一般的に専門的な診断になればなるほど原因の説明は難しくなるが、この診断方法であれば、診断者が見ている画像と一緒のものを見せ、説明することができる。そのため、依頼者からの信頼を得られやすい。

「アパートの大家さんから、他の建物も見て、とリピートをもらうこともよくあるんですよ」(小渕理事長)

赤外線技術向上協会 左から長谷川武専務理事、小渕直一理事長、西広章夫常務理事左から長谷川武専務理事、小渕直一理事長、西広章夫常務理事

月会費なし、無料でアドバイス

同団体は、100万円程度の、指定のサーモカメラを購入してもらい講習を受ければ、現在は月々の利用料もなしで加盟することができる。また、実際に診断案件に当たって、原因を自力で見つけられない場合は、メールや電話、SNSで相談することができる。そこで、小渕理事長や長谷川武専務理事、西広章夫常務理事が案件に対応する。また、依頼者が希望すれば協会として正式な診断書類を作成して提出する、ということも行っている。

月会費が無料の理由を小渕理事長は次のように話す。

「当団体の赤外線診断をもっと世に広めたいからです。さまざまな赤外線診断が世の中にありますが、正直、使い方や診断結果が誤ったものもあります。私どもは原因を究明できる技術レベルの高い赤外線診断を普及させたいので、意欲の高い人たちと組んでいきたいんです。そのために金銭的な敷居を下げています」

現在同団体は、新技術の開発にも取り組んでいる。具体的には取得した赤外線温度データを3Dグラフ化して、建物の不具合箇所を判別する方法だ。これを用いると、画像を見た診断者の主観によっていた部分を数値化することになり、さらに判別がしやすくなるという。特許の出願もしており、団体の発展に意欲的に取り組んでいる。

【リポート/編集部デスク 永塚昌仁】