一般社団法人赤外線技術向上協会が発足致しました。

当団体は2017年9月1日に兵庫県で発足致しました。主な事業場所として関西地区と関東地区で活動いたします。

当団体は、赤外線を用いた雨漏り診断や外壁診断の第一人者である理事長の小渕直一と、リフォームや工務店セールスのトップクラスのスキルを持つ専務理事の龍前忠男、そして、工務店としての建物の知識や経験が豊富な匠、常務理事の西広章夫の3名で立ち上げた全てにおいて常に現場目線の団体です。

私たちの団体は本気で使える赤外線技術を習得したい方や、現場や営業で本格的に赤外線技術を使いたいと考えている方や、解決したい雨漏りや劣化診断案件を抱えていらっしゃるクライアントの方のベストソリューションとして、より確実な診断の実施や、現場に則したきめ細やかな技術指導を実施し、技術会員として当団体を新たなビジネスの柱としてお使いいただけるように頑張って参ります。

当団体はこれから時代のニーズに合った赤外線やそのほかの手法を積極的に取り入れ皆様の満足のいくサービスを提供するように心がけます。

今後とも末永く宜しくお願い申し上げます。

一般社団法人赤外線技術向上協会

理事長 小渕直一 専務理事 龍前忠男 常務理事 西広章夫